採寸方法について

HOME > 採寸方法について

採寸方法について

これからカーテンを選ばれる方へ 無駄なくピッタリ!カーテンの種類別採寸方法

オーダーカーテン選びで一番重要と言われるのが『正確な採寸』です。ここがきちんと揃っていないと、
美しい織物も、繊細なレースのデザインも、最新の機能も、せっかくのオーダーカーテンなのに台無しに(泣)

生地は一度切ってしまうと元には戻りません。カーテンの失敗例によくあるのが下記のような例です。

  • あと数cmなのに生地が足らない!
  • 丈が長くて裾が汚れてしまう。
  • が短くて隙間が気になる。
  • 十分なドレープが作れず、見た目が悪い…
  • 夜、部屋の電気を付けると灯りが漏れる。

などなど、どれもサイズの問題です。

こちらのページでは、カーテンの種類別に採寸方法(注意点)をご説明いたします。
また、和幸は出張採寸も大歓迎!無料でおこなっておりますので、不安な方はお気軽にお問い合わせ下さい!

★ カーテン

まずは巾(幅W)から1cm単位で測ります。
★カーテンレールが取り付けられていない場合は、
必ずレールを取り付けてから測ってください。
その次に丈(高さH)を1cm単位で測ります。
★ランナーの下から床までを採寸します。
★カーテンレールが二重になっている場合は、
カーテンが必要な方のレールを測ってください。
開き方(両開き/片開き)を決めます。
★中央から開く両開きタイプと、
片側に寄せる片開きがあります。
フックを決めます。
★装飾レールや、出窓などに付いている天井付レールなど、
様々にあります。一般的にはAフック・Bフックが代表的です。
タッセルを選びます。
★カーテンを開いたときに束ねるタッセル。共生地で作られるものや、
ロープ状のループタッセル、リボン、フリルタイプなど種類は豊富!

★ ブラインド

縦型ブラインド/横型ブラインド等の向きを決めます。
★こちらでは横型ブラインドでの採寸方法をご紹介します。
取付け方法を決めます。
★正面付け/天井付け/カーテンボックス付け等があります。
取付け方法によっては採寸方法が変わりますので、まずは窓枠に合わせた取付け方法を調べましょう。
その次に巾(幅W)と丈(高さH)を1cm単位で測ります。
★製品幅(W)と製品高さ(H)は、窓枠の採寸値から調整します。
メカタイプを決めます。
機械部分のタイプを決めます。また、操作位置を左右のどちらにするか決めます。

正面付け

窓枠の外側に取付け

窓枠の外側につける場合は、枠の外側寸法です。またはそれ以上の大きさに合わせて下さい

天井付け

窓枠の内側に取付け

窓枠の内側につける場合は、枠の外側寸法から幅-1cm、高さ-1cmずつ引いてください。

カーテンボックス付け

ボックス枠内に取付け

幅はカーテンボックスの内側寸法から1cm引いて下さい。
高さはカーテンボックスから窓枠の下まで測って下さい。
(床につくときはー1cm)

★ ロールスクリーン

ロールスクリーンのタイプを決めます。
★こちらでは一般的なロールスクリーンの採寸方法をご紹介します。
取付け方法を決めます。
★正面付け/天井付け/カーテンボックス付け等があります。
取付け方法によっては採寸方法が変わりますので、まずは窓枠に合わせた取付け方法を調べましょう。
その次に巾(幅W)と丈(高さH)を1cm単位で測ります。
★製品幅(W)と製品高さ(H)は、窓枠の採寸値から調整します。
その次に巾(幅W)と丈(高さH)を1cm単位で測ります。
★製品幅(W)と製品高さ(H)は、窓枠の採寸値から調整します。

正面付け

窓枠の外側に取付け

窓枠の外側につける場合は、枠の外側寸法です。またはそれ以上の大きさに合わせて下さい

天井付け

窓枠の内側に取付け

窓枠の内側につける場合は、枠の外側寸法から幅-1cm、高さ-1cmずつ引いてください。

カーテンボックス付け

ボックス枠内に取付け

幅はカーテンボックスの内側寸法から1cm引いて下さい。
高さはカーテンボックスから窓枠の下まで測って下さい。
(床につくときはー1cm)

出張採寸OK まずはお問合わせください TEL.052-934-7278